会社の税金のこと

経理からよく言われるな

2014/08/12

税制対策、それは経理の最も重要な仕事の一つであります。経理の部署の人達が年度末や増税にともなって口うるさくなるのは、税制対策に他なりません。特に大手の企業であればあるほど税制面で優遇措置を受けられるようになることから部署の人たちを総動員して対策に当たるのが常であります。年末よりも年度末のほうが大忙しな理由には、税制対策をしっかりと行うことがこの部署で働く人たちに求められることであります。特に、今年は2014年4月から消費税増税にともなって経理の部署は多忙を極めました。税制対策として税率の書き換えや偏向をすべて行う必要がありました。また、販売部門の値札の表示をすべて書き換えることを行う必要がありました。税率の引き上げにともなって計算ソフトも一新する必要があったために、この部署で働く人々はほとんど休み返上で事務処理に当たることを求められたのです。消費税増税にともなってその変更処理が急ピッチで行われました。

福利厚生は対象にされると困るな

2014/08/12

福利厚生制度を充実させることで節税による税制対策として使え、かつ従業員のやる気のアップにもつながるとしてこの福利厚生の充実を図る企業も増えています。 まずは税制対策として節税対策の有名な話として通勤手当の支給があります。これは福利厚生による節税対策の1つと言えるわけですが、多くの企業が税制対策として行っているところです。具体的には、この通勤手当は所得税が非課税となっていて、法人税においてもこの通勤手当分を経費として計上することが認められています。従業員だけでなく役員やパートのほかアルバイトなどに関係なく支給することができるとされています。 他には、交通費関係としては税制対策としては、出張手当が挙げられます。これは所得税が非課税となりさらに法人税でも経費として計上することができるとされています。ただし、出張手当を支給するためには、事前に出張旅費に関する規程の作成が必要となり、税務調査などの際には必ず確認をされるようです。

節約と節税は違うよな

2014/08/12

消費税が上がった今、お店のチラシを見ても税抜き価格で本体価格で書かれていてややこしいです。税制対策として、私たちはどのようなことが出来るのかを考えてみました。家計簿をつける際にも全体の価格を計算して出費を考えてしまいますが、消費税の分を省いて計算すると税金を取られている金額に驚きます。節約をしたくても、節税に繋がることは難しいです。例えば、医療費控除は費用を会社が負担してくれることで病院に通うことが出来ます。税制対策を行うためには、商品を購入したレシートを取っておくことや保険や年金によってもお金が返ってくるケースもあります。税制対策をすることで、少しでも自分お手元にあるお金を減らさないようにしたいです。いくら節約をしても税金を払う際には大きいとは思いませんか。税制対策をして働いていても手取りになると少なく感じることもあります。正しく税金を納めることは大切なことですが、少しでも節税できるところは抑えるようにしましょう。