福利厚生は対象にされると困るな

2014/08/12

福利厚生制度を充実させることで節税による税制対策として使え、かつ従業員のやる気のアップにもつながるとしてこの福利厚生の充実を図る企業も増えています。 まずは税制対策として節税対策の有名な話として通勤手当の支給があります。これは福利厚生による節税対策の1つと言えるわけですが、多くの企業が税制対策として行っているところです。具体的には、この通勤手当は所得税が非課税となっていて、法人税においてもこの通勤手当分を経費として計上することが認められています。従業員だけでなく役員やパートのほかアルバイトなどに関係なく支給することができるとされています。 他には、交通費関係としては税制対策としては、出張手当が挙げられます。これは所得税が非課税となりさらに法人税でも経費として計上することができるとされています。ただし、出張手当を支給するためには、事前に出張旅費に関する規程の作成が必要となり、税務調査などの際には必ず確認をされるようです。