税制対策は企業にとって必要なこと

企業(法人団体)で税制対策はとても重要です。経営者が業績を確認して情報を出す決算による結果は、赤字だと将来は厳しく黒字だと安定です。どちらにしても、決算の先には納税があります。現代社会のサイクルではさけては通れない納税ですが、規模が大きい企業であれば税金も決して少なくないです。法人団体が納税する税金とは法人税のことで、一般的な法人団体である限りは利益に相当する分を必ず納税しなければなりません。社団法人や宗教法人、学校法人などは法人税が原則非課税になりますが、一般的な中小法人の納税率は約40%というデータが明らかになっています。一般的な法人団体は4割も税金として持っていかれます。 例えば2000万円の利益が出た企業があるとします。この法人団体が税制対策を何もしなかったとすると、約4割800万円が税金として持っていかれてしまいます。 しかし、同じ状況で30人いる従業員スタッフさんに30万円の決算ボーナスを払うという税制対策を施した場合、900万円という損金が必然的に作れます。となると利益は2000万円から1100万円になり、1100万円の約4割の税率とすると、持っていかれる税金は440万円程度になります。 税制対策を行うか否かでは、税として持っていかれる額が右往左往します。 この決算ボーナスを出すという税制対策は黒字でピンチな時に強い対策です。普段から決算ボーナスを出すのが常になってしまうと黒字でピンチになってしまった時にはボーナスは出せない状況に陥ってしまいます。このような状況に陥ってしまうと従業員スタッフは会社に不満を持ち始めてしまいます。この決算ボーナスを出すという税制対策はタイミングを見計らって行わないと失敗するリスクがあります。 企業にっとての税制対策で大切なことは、タイミングを見据えて判断することと、合理的な損金を作り出す事、その対策が将来性に優れていることがコツになります。